屋根とは! 街の屋根やさん 各務原店


屋根とは

私たちを外部のさまざまなことから
守ってくれる屋根。

基本的に屋根とは

「建物の中で私たち人間が
行う活動を、雨や露、雪といった天候や、
寒さ・暑さなどの気温、埃などから守ってくれる
覆いとなる建物の基本的な要素」です。

屋根雪画像
スレート屋根

それぞれの国や地域で、
その風土や気候に合わせた建物が作られて
いますが、屋根は密接に建物と関係します。

例えばモンゴルの移動式家屋「ゲル」は、
組み立て式の住居で
骨組みの家屋全体を布で覆うため、
屋根の部分も布でできています。

また、国土の90%が
山間地であるノルウェーでは、
森林資源を活用した「草屋根」が見られます。

丸太を積み重ねた校倉造の屋根に、
白樺などの樹皮や土を乗せて、
さらにその上に芝や木を植えたもの。

夏は植物の蒸散作用で屋内を涼しくし、
冬は断熱材の働きで
屋内の寒さを和らげてくれます。
変わった屋根
昔の屋根
日本家屋では昔から
「瓦屋根」を使用している家屋が多いですね。

瓦屋根は保温性・防錆性に優れていて、
日本固有の気候・風土に非常に適しています。
さらに耐久性も高い優れもの。

従来の瓦はとても重いのですが、
最近では耐震対策としても使用される
「軽量防災瓦」も開発されています。

住宅自体も洋風の建物も増え、
屋根の種類も多様化してきています。

次回からは屋根について
もっと詳しくご紹介していきますね。

ご質問はこちら

0120-905-253

24時間365日いつでもお問い合わせください。