知らないと損!屋根や雨樋は「風災補償」で修理可能


雨樋の交換工事を
JA共済の補償を使って行った
各務原市Y邸をご紹介してきましたが…。

みなさん、
共済や火災保険を
屋根や雨樋の修理工事に使えるって
知っていましたか?

実は、意外と知らない人が多いんです!

何しろ名称が「“火災”保険」だったりするため
「火事のときにお金が出るもの」
とイメージしてしまっているんですね。


火災保険1
火災保険2
でも実は、70%以上の屋根工事が
「風災補償」で補償されています。

ですので、
ぜひ知っておいていただきたい。

なぜなら
このことを後から知って、
修理工事が終わってから保険会社や共済に申し出ても
補償してもらえないからです。

屋根や雨樋に生じた不具合が
自然災害によるものなのか、経年劣化によるものなのか
事前に第三者に判断してもらってから修理することが
条件となっているんです。


火災保険3
火災保険4
しかし注意が必要です。
信頼のできる業者に見てもらってください。

虚偽の申告をするとお施主様も詐欺の共犯者となり、発覚すると告発されてしまいます。

屋根や雨樋に不具合が生じたときは
慌てて修理せず
まずは私たちにご相談ください。

弊社では、
保険対応の事例もたくさん手掛けています。
「うちの場合はどうなのかな?」
という方は、こちら

0120-905-253

24時間365日いつでもお問い合わせください。

※音声ガイダンスによる受付です。