屋根材、防水シートのメンテナンスで雨漏り対策・予防を!


住まいの困りごとの中でも、やっかいなのが雨漏り。

その原因として、「漆喰の劣化」をご紹介してきましたが、

このほか「屋根材自体の劣化」による雨漏りというケースもよくあります。

 

屋根の素材にはさまざまなものがあり、

特徴や耐久性は素材によって異なります。

 

例えば瓦屋根の場合は、

湿気を逃がしやすい構造なので、

漆喰のメンテナンスさえちゃんとしておけば、

すごく長持ちします。

 

耐震性の面やコストの面ではメリットが多いスレート屋根の場合は、

湿気を含みやすく逃がしにくい構造なので、

傷みやすい傾向あり。

 

などなど。

屋根材瓦
スレート屋根

しかし、

屋根部分は常に雨風や紫外線にさらされる過酷な環境で、

大気中の汚染物質が付着しやすい箇所。

どんな素材を使っていたとしても

時間とともに劣化するのを止めることはできません。

 

ほとんどの屋根材の劣化は、

表面に塗られている塗料が剥がれて撥水性がなくなることから始まります。

撥水性がなくなると雨水が染み込みやすくなってしまうんですね。

 

ですから10年に1度を目安にして

塗装をすることが必要となります。

大屋根_180415_0011
2018-03-28-11-columns2-overlay


また屋根材の劣化とは別に、


防水シートの傷みの問題もあります。


 


屋根材の隙間から雨水が染み込んでもすぐに雨漏りしないよう


屋根材の下には防水シートが敷かれています。


シートにも寿命がありますから、


こちらも適切な時期にメンテナンスする必要があります。


 


でも「適切なメンテナンス時期」なんてわかりませんよね。


ぜひ住まいのメンテナンスのプロである弊社にご相談ください。


しっかりとチェックして、


雨漏り対策・予防のためのご提案をいたします。


他社に相談中という方の


セカンドオピニオン的なご相談も歓迎しています。


 


知らないと損をする小冊子


長寿命住宅研究会


「後悔しない塗装工事7つの防衛策」を差し上げます





24時間録音テープ案内


0120-987-985


同じ工事を行った施工事例

施工事例

小牧市で屋根瓦補修工事、雨樋補修及び外壁塗装工事をしました

トタン外壁写真
削除
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

小牧市で外壁、雨戸塗装で美しく生まれ変わりました

gaihekigaikan
施工後
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
その他塗装
足場
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

各務原市G様邸で下屋根と大屋根の漆喰詰め替え工事をしました

ビフォー
アフター
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

しっくい雨漏り1

各務原市Mさま邸の雨漏り相談から、前回は、瓦屋根の雨漏りの原因についてご紹介しました。

 今回は、瓦屋根の雨漏りの修理について書かせていただきます。

家チェック

一戸建てを新築して住み始めたみなさんへ! 

新しい家が完成して生活を始めたばかりの時期は、いつかその家が雨漏りするなんて想像もしていないかもしれません。

しかし、メンテナ...........

漆喰1-3

各務原市のMさまから、雨漏りのご相談がありました。Mさま邸は、瓦屋根の日本家屋です。

 瓦屋根で雨漏りする場合、主な原因としては、漆喰が剥がれてしまうことで内部に雨水が染み込んでしまうことが挙げられま...........