補修や塗装工事で屋根材が割れるリスクがある!?多治見市Tさま邸屋根・外壁塗装工事


多治見市のTさま邸工事、順調に進んでいましたが、
アクシデントがありました。
屋根材が1枚、割れてしまったんです。

 

実はこうしたアクシデントは、
結構起こるもの。

屋根材は、風雨や紫外線にさらされているので
10年も経つと劣化が進んでしまいます。
劣化している屋根材は、
職人さんの体重に耐えることができず、
細心の注意を払っていたとしても割れてしまうことがあるんですね。

とはいえ、屋根の上に乗って歩き回らなければ補修や塗装はできないわけで…。

こういう場合は、
割れてしまったというご報告の後、応急処置をしておき、
屋根材の取り換えを行います。

屋根シーラー1回目_180429_0038
屋根シーラー1回目_180429_0037
屋根シーラー1回目_180429_0036
屋根シーラー1回目_180429_0033
Tさま邸の屋根材は、
モニエル瓦といわれる素材。
環境にやさしく、コストを抑えて製造できることから
大手ハウスメーカーでよく使われていましたが、
廃版になっている製品!
一瞬「どう対応しようか!?」と焦りました。

 

でも、旧知の建材屋さんにあちこち声をかけてみたところ、
同じ瓦を保存しているところがあり、
分けてもらえることに!

 

割れてしまった瓦は新しいものに交換し、
無事に工事を進めることができる状態になりました。

このようなリスクについては
工事に取り掛かる前にしっかりと説明させていただきます。
Tさまも
「事前に聞いていたので問題ありません。完璧な補修をお願いします」とのことでした。

 

工事のメリットだけでなく、デメリットやリスクについても正確にお伝えすること。
その大切さを改めて実感しました。

 


 

知らないと損をする小冊子
長寿命住宅研究会
「後悔しない塗装工事7つの防衛策」を差し上げます

24時間録音テープ案内
0120-987-985

同じ工事を行った施工事例

施工事例

小牧市で屋根瓦補修工事、雨樋補修及び外壁塗装工事をしました

トタン外壁写真
削除
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

小牧市で外壁、雨戸塗装で美しく生まれ変わりました

gaihekigaikan
施工後
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
その他塗装
足場
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

築12年の各務原市Mさま邸で、屋根・外壁の塗装工事を行いました

S_8130336584250
S_8130336624758
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
日本ペイント ファイン4Fベスト
築年数
築12年
建坪
30坪
保証
5年
工事費用
約160万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ベランダ防水トップコート_180522_0002

多治見市のTさま邸 屋根・外壁塗装工事、竣工しました!先日外壁の上塗り2回目が完了して乾燥させ、その後、ベランダの防水トップコートを行ったり、玄関ポーチのタイルの塗装を行ったりという細かな作業がありましたが竣工の確認をTさまにしていただき、...........

濃い色の壁上塗り後_180522_0006

屋根・外壁塗装工事をさせていただいている多治見市Tさま邸。そろそろ工事も終盤になってきました。

 先日ご紹介した屋根・外壁以外の付帯部分塗装工事と前後しますが、外壁の上塗りをしています。
...........

軒天塗装 1回目_180522_0026

現在、多治見市Tさま邸で屋根・外壁の塗装工事を進めさせていただいています。

 屋根や外壁の塗装をしっかりとするのはもちろんですが、屋根や外壁そのもの以外の部分も仕上がりを大きく左右することをご存知でし...........